バナナの情報総合サイト「バナナ大学」

カラダ創る、アタマ育む。カラダ創る、アタマ育む。

MENU

栄養応用学部

抗酸化作用

活性酸素を抑えるバナナの抗酸化力


バナナにはβ-カロテンをはじめ、ビタミンA、ケルセチン、β‐クリプトキサンチン、ミリセチン、ビタミンC、リコペン、ビタミンE、ポリフェノール類など、体内の過剰な活性酸素の害を抑える抗酸化成分が含まれています。
活性酸素は本来、体内に侵入してきたウイルスや細菌から身を守るためにつくられる成分ですが、必要以上につくりだされると,体内の正常な細胞までも攻撃してしまいます。また、活性酸素は有害な過酸化脂質の生成を促し、動脈硬化、高血圧、悪性腫瘍、糖尿病などの生活習慣病や老化促進の原因になると考えられています。
また、バナナに含まれる抗酸化成分の中でもβ-クリプトキサンチンやゼアキサンチン、β-カロテン、ポリフェノール類であるケンフェロールやシアニジン-3-グルコサイドなどには血液内に悪玉コレステロールが溜まるのを防ぎ、血流を改善する働きがあります。


抗酸化力を高める効果が期待できるバナナの食べごろとは?