農薬等の残留基準

*2006年5月29日よりポジティブリスト制度[1]が施行され、799農薬等について残留基準[2]が定められました。
*バナナの残留農薬基準値は、公益財団法人 日本食品化学研究振興財団ホームページ内の「残留農薬基準検索(食品名 バナナ)」よりご確認ください。

※最新の情報につきましては、厚生労働省発表資料等で再度、ご照合ください。

注釈

  1. ^ [1] 原則、すべての農薬等(農薬、動物用医薬品、飼料添加物)について、残留基準(一律基準を含む)を設定し、基準を超える農薬等が残留する食品の販売等を禁止する制度です。例えば、残留基準が設定されていない農薬等が一律基準(0.01ppm)を超えて食品に残留していた場合も規制の対象となります。
  2. ^ [2] 基準値は「ppm(=mg/kg)」という濃度単位で表されます。例えば1ppmの基準値というのは、1kgの食品中にある農薬等が1mg以下でなければならないということを表しています。