バナナの情報総合サイト「バナナ大学」

カラダ創る、アタマ育む。カラダ創る、アタマ育む。

MENU

バナナ大学セミナー

バナナのスギ花粉症予防効果(研究紹介)

バナナの定期的摂食がヒトスギ花粉症に及ぼす影響 [研究概要]
第11回日本機能性食品医用学会で報告(2013年12月)

スギ花粉症患者に、2013年のスギ花粉飛散シーズン(1月下旬~3月末)において、バナナ(1日200g)を8週間摂食させる臨床試験を実施し、バナナの摂食がスギ花粉症の病態、及び自覚症状に及ぼす影響について検討しました。

対象被験者

過去のスギ花粉飛散シーズンにおいて、スギ花粉症症状が出た患者のうち以下の条件を満たす患者

  1. スギ花粉飛散前(2012年12月~2013年1月)の血液検査にて、スギ花粉特異的IgE抗体価が陽性
    (クラス2以上)を呈した患者
  2. スギ花粉症の自覚症状が、鼻アレルギーガイドラインにおいて軽症、あるいは中等症であった患者
  3. 過去にステロイドを含む点鼻薬、あるいは経口薬が不要であった患者

研究デザイン

バナナ摂食によるスギ花粉の予防効果(臨床介入試験)

  1. スギ花粉症患者52名を、年齢、性別、重症度、及び抗アレルギー薬使用者数の比率がマッチするように、バナナ摂食群26名とバナナ非摂食群26名に分けた。
  2. バナナ摂食群患者には、2月上旬~3月下旬の8週間に1日あたりバナナ2本(朝1本100g、夕1本100g)を毎日摂食させた。バナナ非摂食群患者には、同期間中、バナナの摂食を禁止した。
  3. 対象被験者全員について、臨床試験期間中に計3回の問診、及び血液検査を実施し、以下の項目について調査、測定した。

    評価項目

    1. 鼻アレルギーガイドラインにおける自覚症状スコア
      (くしゃみ、鼻かみ、鼻づまり、重症度)
    2. QOLスコア
      • 1. QOL調査票における主観的な自覚症状スコア
        (鼻水、くしゃみ、鼻づまり、鼻のかゆみ、目のかゆみ、涙目)
      • 2. QOL調査票におけるQOLスコア
        (日常生活、戸外活動、社会活動、睡眠、身体機能、精神生活)
      • 3. QOL総括評価スコア
    3. 血液検査
      血中好酸球数、血中スギ花粉症特異的IgE抗体価
    参考資料

※QOLスコア
日常生活の質(Quality of Life)の指標として、花粉症の自覚症状や日常生活における障害の程度を0~4までの数値でランク付けしたもの。数値が大きいほど症状が重い。