バナナビュティーカロリーとはAbout Banana Beauty Calorie

image

そのカロリーには美しくなる理由がある。

近年、必要以上に食事制限をせまるダイエットブームが続いています。
でも、それって本当に女性を幸せにしているのか?
きれいになるために頑張る女性たちを、バナナはそのビューティーカロリーでおいしくヘルスサポートしたい。
ダイエットプレッシャーからの解放を。

バナナビューティーカロリーとは? 健康で美しい身体を作るために必要な栄養素が多く含まれた美的カロリー、それが “バナナビューティーカロリー”です

そのまま食べてもすごい!
バナナビューティーカロリー

バナナには、食べたものを脂肪として蓄えないよう、エネルギーに変換させるためのビタミンB群を始め、美容や健康に欠かせない、体に嬉しい働きのある栄養素が豊富に含まれています。

そんなバナナ(1本)には腸内フローラ値がみかんの2.4倍、ストレス耐性値はいちじくの5.4倍、基礎代謝値はリンゴの13.5倍、美肌値はプルーンの4倍、アンチエイジング値はグレープフルーツの2倍という栄養素がそれぞれ含まれています。

しかも1本(100g)あたり86kcal。ダイエット中の方や忙しくて欠食しがちな方など、食事が偏っていると、つい不足しがちな栄養素が手軽に摂れることもバナナの魅力の1つです。

[監修:管理栄養士・望月 理恵子さん]

image

バナナは調理法や組み合わせ食材で
ビューティーカロリー値がさらにアップ!

バナナそのものでもビューティーカロリーは十分にありますが、色々な栄養素との
相乗効果で、エイジングケアや基礎代謝UPなどの効果が期待できます。

image

腸内フローラ値
バナナで最強菌活!

ヨーグルトやチーズなどの発酵食品と一緒に食べるとさらに効果アップが期待!

image

ストレス耐性値
メンタルも丈夫に!

キウイやレモンと一緒に食べることでさらに効果アップが期待!

image

基礎代謝値
痩せやすい身体づくり

豆乳などの大豆製品と一緒に食べることでさらに効果アップが期待!

image

美肌値
まるで食べる美容液

ミニトマトやラズベリーなどと一緒に食べることでさらに効果アップが期待!

image

アンチエイジング値
細胞からエイジングケア

一緒に色の濃い野菜や果物を摂ることでさらに効果アップが期待!

image

腸内フローラ値を上げるコツ

腸内に多く潜んでいる腸内細菌叢。この細菌叢には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つが存在していますが、このバランスが崩れ、悪玉菌が腸内に増えると体内に有害物質が増え、便秘、肌荒れ、むくみ、冷えなどが起こりやすくなります。
バナナには悪玉菌を減らす善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖が含まれており、腸内フローラのバランスを保つ働きがあります。特に熟したバナナはオリゴ糖が多く含まれています。さらにヨーグルトやチーズなどの発酵食品と一緒に食べることで、健康的な腸内フローラバランスが整います。

image

ストレス耐性値を上げるコツ

ストレス社会の現代、体の中からのストレス対策が必要となります。
バナナには、ストレスによって消耗しがちなビタミンCや、メンタルを丈夫にするアミノ酸の1種トリプトファンが含まれています。トリプトファンは質の良い睡眠や精神安定を促す脳内神経物質“セロトニン”の材料となり、体を効率よく休養させてストレスから体を守ってくれますので、バナナを食べることで、ストレスに強い体づくりが期待できます。
加えて、脳疲労や筋肉疲労を回復する鶏胸肉や、キウイ、梅干し、レモンなどのクエン酸が多いものを一緒にとることで、ストレス耐性力をUPさせます。

image

基礎代謝値を上げるコツ

1日の消費エネルギーの半分以上を占める基礎代謝は、歳を重ねるとだんだんと下がってきます。そのことで太りやすくなったり、冷え気味になったりと体が思うように動かなくなってくることもあります。バナナには、筋肉を構成するたんぱく質であるBCAA(分岐鎖アミノ酸)が多く、筋肉を動かす時のエネルギー源にもなり、筋肉増強としても働きます。バナナを食べて体を動かし、脂肪燃焼をサポートするラム肉に多いカルニチンや豆乳などの大豆製品に多い良質のたんぱく質も一緒に摂取すれば、引き締まった体とともに、基礎代謝が落ちにくい体づくりに一役買ってくれます。

image

美肌値を上げるコツ

美肌力を上げるためには、ベースとなる肌の土台作りが大切。
バナナには丈夫な肌作りに役立つβ-カロテンが豊富に含まれています。
もちろんその他にも、肌老化を防ぐビタミンCやポリフェノールが含まれていることも、美肌力を上げる美食材であることがわかります。
生のバナナは、栄養素を効率よく取ることができます。また、美白のサポートをするリコピン(ミニトマト等)やエラグ酸(ラズベリー、ザクロ等)も一緒に摂ることで、くすみのない美肌作りが期待できます。

image

アンチエイジング値を上げるコツ

いつまでも美しい肌、身体でいたいもの。そのためには肌・身体を構成している細胞が元気でいることが大切です。バナナは、抗酸化作用が強く、細胞の老化を防ぐビタミンA(β-カロテン)、ビタミンC、ビタミンEが含まれているので、エイジングケアをサポートする美食材。さらに紫外線ダメージから肌を守るポリフェノールや肌成分となるたんぱく質も含まれているので、アンチエイジング力を上げるためのたくさんの栄養素が詰まっています。
一緒に色の濃い野菜や果物を摂ることで、さらなるエイジングケアが期待できます。

バナナビューティーカロリー値をアップさせる美ライフ

バナナは皮を剥けばそのまま食べられる、手軽な食べ物です。切ってサラダやヨーグルトに混ぜたり、パンケーキに入れて焼いたり、凍らせてアイスとして食べたり、色々アレンジもできるオールマイティ美食材です。


味わいもお腹も、身体全部が満足する楽しい美ライフを送れるよう、ビューティーカロリー値を指標として、
1日1本を目安にバナナ生活を始めて見ましょう!